英語に慣れてきたら、ただ考えて堅苦しく翻訳しようとし
ないで、イメージ変換するように訓練してみましょう。習
熟してくると英会話も英語の読書も認識する速さが物凄く
スピードアップされます。
「必然的に英語を話す、外国へ行く」とか「英語を母国語
とする知人を作る」とか「英語のDVDや、歌詞が英語で
ある音楽や英語のニュースを聴く」というような方法があ
るが、何をおいても基礎的な単語を2000個以上は覚え
るべきです。
月謝制のジョーンズ英会話という名前の英語スクールがあ
りますが、日本中で拡大中の英会話講座で、かなり評価が
高い英会話学校です。
YouTubeなどのオンライン動画配信サービスには、
学習の目的で英語を教える教師や指導者のグループ、外国
の一般人などが、英語学習を目的とする方用の英語レッス
ンになる役立つ映像を数多く一般公開してくれています。

子供に人気のあるトトロや人気の千と千尋の神隠し、魔女
の宅急便などの英語圏用を視聴すると、英語版と日本語版
のちょっとした語感の相違を知ることができて、ワクワク
するでしょう。

私の時は、リーディングの訓練を多く敢行して言い回しを
ストックしたので、他の聞き取り、筆記、発語といった技
能は、ひとつひとつ市販のテキストを少しやるのみで心配
なかったです。
英語によって「ある事柄を学ぶ」ことで、単に英語だけを
学習する場合よりも確かに学べる場合があります。本人に
とって関心のあるフィールドであったり、仕事がらみのも
のについて動画による紹介などを探し回ってみよう。
オーバーラッピングという練習法を実行することによって
、ヒアリングの能力がレベルアップする理由はふたつあり
ます。「発音できる言葉は聞き取ることができる」ためと
、「英語の処理スピードが速くなる」ためだと想定できま
す。
最近よく聞くロゼッタストーンは、日本語を使用すること
を禁じて、覚えたいと思っている言葉にどっぷりと浸かり
ながらその国の言葉を自分のものにする、ダイナミック・
イマージョンという素晴らしい学習手法を採用しているの
です。
多聴と精聴を目的とした英語学習方式のヒアリングマラソ
ンは、ヒアリングだけでなく、「聞き終わる前に喋る」シ
ャドウイング、耳と手が同時に要求されるディクテーショ
ンなどの会得にも利用可能なので、それらをミックスさせ
ながらの学習メソッドを進言します。

いわゆるTOEIC等のテストは、定期的に開催されるの
で、小まめにテストは受けられませんでしたが、最近人気
のCASEC(キャセック)はネット上で好きな時間に挑
戦できるので、TOEIC受験の為の実力チェックとして
適しているでしょう。
話すのは英語だけというレッスンというものは、日本の言
葉を英語に置き換えたり英語を日本語にしたりというよう
な翻訳する工程をすっかり排することによって、英語で英
語を包括的に認証するやり方を脳に築いていきます。
ドンウィンスローの小説というものはどれも面白いので、
その続編も早く目を通したくなるのです。英語の勉強とい
う雰囲気ではなく、続編に興味をひかれるので英語の勉強
を続けることができます。
英会話とは言え、一口に英会話を習得することに限定する
のではなく、多くの場合は聞いて理解できるということや
トーキングのための勉強という部分が内包されていること
が多いです。
リーディングの学習及び単語自体の暗記、二つの学習を一
緒にやるようなどちらとも付かないことをしないで、単語
の暗記なら単語オンリーを一度に覚えてしまうのがよいだ
ろう。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット